12月の新刊

ザ・空気2

永井 愛 『ザ・空気 ver.2 誰も書いてはならぬ』

 四六判上製112頁 定価:本体1400円+税 ISBN978-4-88059-417-0

 ★“メディアをめぐる空気”シリーズ第2弾!
 ★第26回読売演劇大賞選考委員特別賞、優秀男優賞、優秀演出家賞受賞作
 ★永井愛さん新作・二兎社公演43「私たちは何も知らない」上演中!
      

 

11月の新刊

福島三部作

谷 賢一 『戯曲 福島三部作』

 四六判上製336頁 定価:本体2000円+税 ISBN978-4-88059-416-3

 ★劇団DULL-COLORED POP主宰による、福島の50年間を圧倒的なディテールで描き出した戯曲。
 ★今夏、福島・東京・大阪の三都市で上演され、1万人超を動員した話題作。
 ★11/27(水)B&B(東京・下北沢)にてトークショー開催。
 ★11/9(土)Readin'WritinBOOKSTOREにてトークショー開催。
 ★「日本経済新聞 2019.12.5」〈陣野俊史氏が選ぶ3冊〉に書評掲載。
 ★DULL-COLORED POP第21回本公演「マクベス」12/12〜
      

 

7月の新刊

男が死ぬ日

テネシー・ウィリアムズ 『西洋能 男が死ぬ日 他2篇』

 四六判上製160頁 定価:本体2000円+税 ISBN978-4-88059-414-9

 ★三島由紀夫との出会いから生まれた怪作。
 ★三島由紀夫×T・ウィリアムズ対談「劇作家のみたニッポン」収録。
 ★9/5〜すみだパークスタジオ倉にて、日本初上演
      

 

7月の新刊

竹取翁とかぐや姫

     縷衣香 『絵本 竹取翁とかぐや姫』

 A5変型判上製48頁 定価:本体1500円+税 ISBN978-4-88059-415-6

 ★日本最古の物語といわれる「竹取物語」を、和紙による
   貼り絵と墨絵で美しく再現。
      

 

5月の新刊

現代「液状化社会」

ウンベルト・エコ 『現代「液状化社会」を俯瞰する』

 A5判上製224頁 定価:本体2400円+税 ISBN978-4-88059-413-2

 ★イタリア週刊誌上で連載された名物コラムの精選集。
  U・エコが生前遺した最後の本。
 ★「図書新聞 2019.7.13」に書評掲載(篠原資明氏評)。
 ★「週刊新潮 2019.7.25」に寸評掲載。
      

 

好評既刊

線量計

     中村敦夫 『朗読劇 線量計が鳴る』

 四六判並製128頁 定価:本体1200円+税 ISBN978-4-88059-411-8

 ★「木枯し紋次郎」でお馴染み中村敦夫さんのひとり芝居。
 ★原発の基礎から今日の課題までを、分かりやすく伝える朗読劇。
 ★朗読劇「線量計が鳴る」上演スケジュール
 ★関連記事「俳優・中村敦夫が、原発に警鐘を鳴らす舞台を演じる理由」(web現代ビジネス)
 ★関連記事「中村敦夫さんが喜劇台本「流行性官房長官」発表」(毎日新聞18/11/30夕)
 ★「図書新聞」2019.1.12号に書評掲載(野上暁氏評)
  

 

2月の新刊

原発事故との伴走の記

     池内 了 『原発事故との伴走の記』

 四六判並製272頁 定価:本体2000円+税 ISBN978-4-88059-412-5

 ★福島原発事故から8年を経て──
  再生可能エネルギー、脱原発を決めたドイツの挑戦と困難、廃炉の行方など、
  福島原発事故を文明の転換点として捉え直す試み。
 ★「赤旗」2019.3.17号に寸評掲載。
 ★「東京新聞」2019.4.26にて著者紹介。
  

18.10月刊

いま、息を

駒井 稔 著
『いま、息をしている言葉で。』

四六判並製376頁 2000円+税
ISBN978-4-88059-410-1

★創刊編集長が語る「光文社古典新訳文庫」誕生秘話。
ほぼ日の学校長だよりNo.54にて紹介。
★「西日本新聞 2018.11.3」に書評掲載(大井実氏評)。
★「読売新聞 2018.12.2」読書面に短評掲載。
★共同通信配信・書評掲載(実川元子氏評)。
★「東京新聞 2018.12.16」読書面「記者の1冊」にて紹介。
★「週刊読書人 2018.12.14」に書評掲載(渡邊裕之氏評)。
★「出版ニュース」(2018.12月下旬号)Book Guide欄にて紹介。
★「Meets Regional 2月号」〈本のむこう側〉にて紹介(永江朗氏評)。
★「信濃毎日新聞 2019.1.6」読書面「新年の1冊」にて書評掲載(蜂飼耳氏評)。
★「図書新聞 2019.2.9」に書評掲載(西木野ショーン氏評)。

18.10月刊

昼は散歩

三浦 展 著
『昼は散歩、夜は読書。』

四六判並製352頁 2000円+税
ISBN978-4-88059-409-5

★「都市と社会」についてのブックガイド+近年のコラム+消費社会研究家として独立するまでを綴った自伝的エッセイ。
 

19.1月重版

クラシカルアクティング

マルコルム・モリソン 著
『クラシカル・アクティング』

四六判上製224頁 2500円+税
ISBN978-4-88059-298-5

★ギリシャ劇以来1500年以上にわたって時代を生き抜いてきた数々の古典劇(ソフォクレス、シェイクスピア、モリエール、イプセン、チェーホフ)をどう理解し、どう演じるか……。西洋古典戯曲の演技術。

18.7月刊

放課後の哲学談義

ルチャーノ・デ・クレシェンツォ 著
『放課後の哲学談義』

四六判上製216頁 2000円+税
ISBN978-4-88059-407-1

★大学教授のセクハラ問題!? 哲学的教養を盛り込みながら現代社会の焦眉の諸問題をあぶり出す野心作。
★「出版ニュース」(2018.10月中旬号)Book Guide欄にて紹介。
★「図書新聞」2018.11.17号に書評掲載(大和志保氏評)。
 

18.7月刊

ザ・空気

永井愛 著
『ザ・空気』

四六判上製120頁 1400円+税
ISBN978-4-88059-408-8

★テレビ局の報道現場を通して現代日本を覆う奇妙な〝空気〟の正体に迫る永井愛の意欲作。
★第25回読売演劇大賞最優秀演出家賞、同優秀作品賞・優秀女優賞受賞作
★「赤旗」(2018.9.2)に書評掲載。

18.5月刊

リアリズム演技

ボビー中西 著
『リアリズム演技』

四六判並製336頁 2000円+税
ISBN978-4-88059-406-4

★サンフォード・マイズナーに学んだ、ボビー中西の実践的演技論。
★ラサール石井、水田伸生、三島有紀子、小川絵梨子、各氏の強力推薦!
★「図書新聞」2018.10.27号に書評掲載。
 

18.3月刊

人生は短い

クレイグ・ポスピシル 著
戯曲集『人生は短い/月日はめぐる』

四六判上製256頁 2000円+税
ISBN978-4-88059-405-7

★NYに生きる人々のシュールでコミカルな人生模様。短編戯曲の連作。
★外国文学ファンにもおすすめ。
★「図書新聞」(2018.7.21)に書評掲載。

18.2月刊

現代版ホメロス物語

ルチャーノ・デ・クレシェンツォ 著
『現代版ホメロス物語』

A5判並製264頁 2400円+税
ISBN978-4-88059-404-0

★古典ギリシャの情熱的普及者デ・クレシェンツォが「イリアス」を新釈。
★ギリシャ神話入門としても最適。
★巻末に「ギリシャ神話小事典」を付録。
 

好評既刊

対談

加藤典洋 著
『対談-戦後・文学・現在ー』

四六判並製384頁 2300円+税
ISBN978-4-88059-402-6

★1999年から現在まで。文芸評論家・加藤典洋のポリフォニックな対談から精選。
★「出版ニュース」(2018.2月上旬号)Book Guide欄にて紹介。
★「毎日新聞」(2018.2.18)読書面に書評掲載。
 

好評既刊

かたわれワルツ

鈴木翁二 著
『かたわれワルツ』

A5判上製272頁 2000円+税
ISBN978-4-88059-400-2

★詩情あふれる漫画集。
★穂村弘さん推薦!
★東京新聞(2017.5.7)読書面・記者の一冊(大日方公男氏評)にて紹介。
★北海道新聞(2017.5.10夕刊)に記事掲載(漫画集「かたわれワルツ」のこと/玉川薫氏評)。
★毎日新聞(2017.8.13)読書面にて書評掲載。
 

好評既刊

ねえ君、不思議だと思いませんか?

池内 了 著
『ねえ君、不思議だと思いませんか?』

四六判並製288頁 1900円+税
ISBN978-4-88059-399-9

★近年の科学トピックスを紐解くエッセイ集。
★WEB論座(2017.1.26)に書評(大槻慎二氏評)掲載。
★「出版ニュース」(2017.2月下旬号)で紹介。
★朝日新聞(2017.2.26)読書面に書評(斎藤美奈子氏評)掲載。
★北海道新聞(2017.3.5)書評欄に書評(東嶋和子氏評)掲載。
★「ふぇみん」(2017.4.5号)に書評掲載。
★東京新聞(2017.4.9)書評欄に書評(金子務氏評)掲載。
★「母の友」(2017.6月号)本の欄にて紹介。

好評既刊

インド、大国化への道。

森尻純夫 著
『インド、大国化への道。』

四六判並製296頁 1900円+税
ISBN978-4-88059-397-5

★世界的な景気減速のなか、高い経済成長率を維持するインドについて。
★WEB論座(2016.12.1)に書評(今野哲男氏評)掲載。
★「出版ニュース」(2016.12月下旬号)で紹介。
 

好評既刊

現代版マハーバーラタ物語 而立書房刊

シャンタ・R・ラオ 著、谷口伊兵衛 訳
『現代版マハーバーラタ物語』

A5判上製240頁 3000円+税
ISBN978-4-88059-395-1

★逸話、諺、警句の宝庫として知られる、人類最古、最長の叙事詩を一冊に縮約

好評既刊

最後の九月 而立書房刊

エリザベス・ボウエン 著、太田良子 訳
『最後の九月』

四六判上製384頁 2200円+税
ISBN978-4-88059-398-2

★ボウエンが自身の青春時代をうつしとった自伝的長編
★「ミスター・パートナー12月号」にて紹介記事掲載。
★「図書新聞」(2017.1.14)に書評掲載。
 

好評既刊

モラハラ環境を生きた人たち 而立書房刊

谷本惠美 著
『モラハラ環境を生きた人たち』

四六判並製288頁 1600円+税
ISBN978-4-88059-396-8

★傷ついた心を見つめる──。女性・子育て・家族問題を扱ってきた心理カウンセラーによる「モラルハラスメント」の本。
★池内ひろ美さん(夫婦・家族問題評論家)推薦!!

好評既刊

人間の居る場所 而立書房刊

三浦展 著
『人間の居る場所』

四六判並製320頁 2000円+税
ISBN978-4-88059-393-7

★『下流社会』『第四の消費』等で出色の時代分析を提示した三浦展が、これからの社会に求められる「横の公共」を提案!
★「東京新聞」(2016.11.6)3冊の本棚(藤沢周氏選)にて紹介。
★「読売新聞」(2016.6.26)読書面にて短評掲載。
★「出版ニュース」(2016.6月中旬号)Book Guide欄にて紹介。
★「福井新聞」(2016.6.9)にて記事紹介。
 

好評既刊

SEVEN・セブン 而立書房刊

C・K・マック他 著、三田地里穂 訳
『SEVEN・セブン』

四六判上製296頁 2000円+税
ISBN978-4-88059-394-4

★21世紀・世界を変える7人の女性の物語
★「図書新聞」(2016.11.5)に書評(山中千尋氏評)掲載。

好評既刊

山代巴 模索の軌跡 而立書房刊

牧原憲夫 著
『山代巴 模索の軌跡』

四六判上製432頁 2400円+税
ISBN978-4-88059-383-8

「WEB RONZA」(2015.6.4)に書評掲載
★「週刊読書人」(2015.12.11)にて、鈴木裕子さん(女性史研究家)が〈2015年の収穫〉に選出。
★「みすず No.645」(2016.1/2合併号)、鈴木裕子さん(女性史研究家)が〈読書アンケート特集〉にて推薦。
★「女性史学 第26号」に書評(水溜真由美氏評)掲載。
★「歴史評論 2016年10月号」に書評(北河賢三氏評)掲載。
〔ご購入について〕
而立書房の刊行物は全国の書店にてお求めになれます。店頭に見当たらないものにつきましては、書店でご注文いただくと便利です。また、各種インターネット上の書店でも購入が可能です。
小社から直接ご購入を希望される場合、お問い合わせ欄より、ご希望の書名・冊数とご住所・お名前・電話番号・Eメールのご連絡先をお知らせください。折り返し、代金(書籍本体価格+消費税+送料)の振替方法をメールでお知らせいたします。代金お振込の確認後、ご注文の書籍を発送させていただきます。
而立書房 東京都千代田区神田猿楽町2-4-2 T.03-3291-5589 F.03-3292-8782