建築

昼は散歩、夜は読書。

(昼は散歩、夜は読書。)三浦展

2018.10.10刊予定
四六判並製352頁 定価2000円+税
ISBN978-4-88059-409-5 C0036

私は今、朝7時から働き、11時に来客対応をし、昼食をとって午後から取材にでかける。取材というのはどこかの街へ行って歩き回るのが基本である。それで夕方になったらその街の銭湯に入り、居酒屋で一杯やれたら理想の一日である……。 『下流社会』『第四の消費』などで出色の時代分析を提示してきた三浦展が、肩の力をぬいて語るこれまでのことと、これからのこと。
第一部は、これだけ読めば大学卒業!?と思われるほどの「都市」と「社会」に関わるブックガイド。
第二部には、ブラック企業・アキバ事件・震災などについて語るコラム、小学時代にまでさかのぼり、大学受験、パルコへの就職、消費社会研究家として独立するまでを語る半自伝的文章を収録。

著者:三浦展(みうら・あつし)
1982年一橋大学社会学部卒業。㈱パルコ入社。マーケティング情報誌『アクロス』編集室勤務。86年同誌編集長。90年三菱総合研究所入社。99年 「カルチャースタディーズ研究所」設立。 消費社会、家族、若者、階層、都市などの研究を踏まえ、新しい時代を予測し、社会デザインを提案している。 著書に『下流社会』『第四の消費』『ファスト風土化する日本』『家族と幸福の戦後史』『これからの日本のためにシェアの話をしよう』『東京は郊外から消えていく! 』『人間の居る場所』『中高年シングルが日本を動かす』『都心集中の真実』『ヤバいビル』他多数。


人間の居る場所

人間の居る場所三浦展

2016.4.10刊
四六判並製320頁 定価2000円+税
ISBN978-4-88059-393-7 C0052

近代的な都市計画は、業務地と商業地と住宅地と工場地帯を四つに分けた。しかしこれからの時代に必要なのは、業務と住居と商業と生産の機能が混在し、多様な人々が集まり、有機的に結びつける街づくりではないだろうか。『下流社会』『第四の消費』等で出色の時代分析を提示した三浦展が、これからの社会に求められる「横の公共」を提案する。
 ★「東京新聞」(2016.11.6)3冊の本棚(藤沢周氏選)にて紹介。
 ★「読売新聞」(2016.6.26)読書面にて短評掲載。
 ★「出版ニュース」(2016.6月中旬号)Book Guide欄にて紹介。
 ★「福井新聞」(2016.6.9)にて記事紹介。



建築の前夜 前川國男文集

建築の前夜 前川國男文集前川國男

1996.10.1刊
四六判上製360頁 定価3000円+税
ISBN978-4-88059-220-6 C1052

ル・コルビュジエに師事し、戦前戦後を通じて日本建築界に大きな足跡を残した建築家・前川國男が生涯追い求めた「近代建築」の精髄を知ることができる。



内的風景

内的風景「水脈」の会編

2001.5.25刊
四六判上製216頁 定価2000円+税
ISBN978-4-88059-271-8 C0095

前川國男を核にした同人誌的性格の「風声」「燎」の巻頭のエッセイを収録。収録者は、篠田桃紅、浦辺鎮太郎、磯崎新、鈴木華子、西澤文隆、前川國男、倉俣史朗、中村錦平、武藤一洋、北川省一、本間利雄、藤村加代子、高見澤たか子、長谷川堯など。



市民社会のデザイン 浜口隆一評論集

市民社会のデザイン 浜口隆一評論集浜口隆一

1998.6.25刊
四六判上製432頁 定価3000円+税
ISBN978-4-88059-240-4 C1052

新進の建築設計家として出発しながら、建築の評論へと転進し、ついには市民社会におけるデザインの分野に大きな足跡を遺した浜口隆一の遺稿集である。生前、著書を持たなかった著者の論文を集めるのに、編集者たちは大変な苦労をした。



建築