〔社会〕 A・ギデンズ山代巴

山代巴 模索の軌跡

山代巴 模索の軌跡 牧原憲夫

2015.4.25刊
四六判上製432頁 定価2400円+税
ISBN978-4-88059-383-8 C0095

『荷車の歌』の作者・山代巴は、人として生まれながらその幸せを阻害された人びとと共に、その生涯を送った。そのエネルギーがどこからきたのかを、著者は懸命にたどる。本書を読みながら、みなさんも著者とともに考えてみませんか。

「WEB RONZA」(2015.6.4)に書評掲載
★「週刊読書人」(2015.12.11)にて、鈴木裕子さん(女性史研究家)が〈2015年の収穫〉に選出。
★「みすず No.645」(2016.1/2合併号・読書アンケート特集)にて、鈴木裕子さん(女性史研究家)が推薦。
★「女性史学 第26号」に書評(水溜真由美氏評)掲載。
★「歴史評論 2016年10月号」に書評(北河賢三氏評)掲載。

増補 山代巴獄中手記書簡集

増補 山代巴獄中手記書簡集牧原憲夫 編

2013.12.25刊
四六判上製680頁 定価3600円+税
ISBN978-4-88059-378-4 C0030

1940年5月、山代吉宗・巴夫妻は治安維持法違反で検挙され、吉宗は45年1月に獄死、巴は45年8月に病気で仮釈放された。本書では、主にその間に取り交わされた吉宗、巴、巴の父母・姉妹・弟たちとの書簡191通と巴の手記を収録する。



1945年8月からの出発 〔叢書・民話を生む人びと①〕

1945年8月からの出発 〔叢書・民話を生む人びと①〕内田千寿子/解説・山代巴

1977.4.15刊
四六判並製320頁 定価1200円+税
ISBN978-4-88059-018-9 C0395

1945年8月、救護看護婦として広島日赤病院で原爆被爆者の看護に従事し、自らも二次被爆に遭う。軍国少女だった著者は、社会の矛盾に鋭敏な人間に成長していく。そして、自分の周りに連帯の輪を広げることを始める。在庫僅少。



まちの選挙 〔叢書・民話を生む人びと②〕

まちの選挙 〔叢書・民話を生む人びと②〕小野菊枝/解説・山代巴

1977.4.15刊
四六判並製320頁 定価1200円+税
ISBN978-4-88059-019-6 C0395

兄の戦死で農家を継いだ著者は、多感な乙女心を抱いたまま、自らの世界を閉じてしまう。やがて、結婚・出産・子供の成長……と、自己と外界との落差に苛立ち、いつしか、懸命に自己主張する人間に変貌していく。在庫僅少。



主婦専従農業 〔叢書・民話を生む人びと③〕

主婦専従農業 〔叢書・民話を生む人びと③〕小林みさを/解説・山代巴

1979.6.30刊
四六判並製312頁 定価1200円+税
ISBN978-4-88059-029-5 C0395

朝鮮で育ち、大阪で新婚後間もなく、戦争のため夫の実家に疎開し、舅姑について見様見真似で農業を始めた著者は、農業への愛情と苦痛、家族や村落の人たちとの共同作業や葛藤の中から、執拗に自己の確立を願いつづける。在庫僅少。



平木屋三代の女たち 〔叢書・民話を生む人びと④〕

平木屋三代の女たち 〔叢書・民話を生む人びと④〕永久直子/解説・山代巴

1982.6.25刊
四六判並製336頁 定価1500円+税
ISBN978-4-88059-052-3 C0395

街道の追分に小さな万屋(よろずや)ができた。好き合うて家を出た若夫婦の営みである。二代、三代とその家で営まれた人たちの葛藤は、日本近代化の矛盾を如実に反映するものだった。在庫僅少。



うちも、フランスに生まれたかった 疎開地に生きて 
〔叢書・民話を生む人びと⑤〕

うちも、フランスに生まれたかった 疎開地に生きて  〔叢書・民話を生む人びと⑤〕内海房子/解説・山代巴

1987.6.25刊
四六判並製208頁 定価1500円+税
ISBN978-4-88059-106-3 C0395

27歳の身重で夫の郷里に疎開し、敗戦後、家族のため備後の山村を行商して歩く。明朗な性格と世話好きから、仲間の輪を広げていく。それでも、本書から、共同体のしがらみに苦しんだ日本の女性たちの声が聞こえてくる。在庫僅少。



「ジュノーさんのように」①
ヒロシマの医師をチェルノブイリへチェルノブイリの子どもたちをヒロシマへ

「ジュノーさんのように」① ヒロシマの医師をチェルノブイリへチェルノブイリの子どもたちをヒロシマへ「ジュノーの会」編

2010.11.25刊
四六判並製208頁 定価1500円+税
ISBN978-4-88059-360-9 C0395

1986年4月26日、チェルノブイリ原子力発電所で大爆発事故が起こった。多くの人たちが多量の放射線を浴び、人々はいろんな病気をかかえると同時に生活基盤も失った。その支援にヒロシマ市民たちが行動を起した。小さな小さな力で。



「ジュノーさんのように」②
チェルノブイリからきた医師と子どもたち

「ジュノーさんのように」② チェルノブイリからきた医師と子どもたち「ジュノーの会」編

2011.3.25刊
四六判並製208頁 定価1500円+税
ISBN978-4-88059-362-3 C0395

ウクライナから子どもたちとお医者さんがやってきました。子どもたちはとても可愛くて個性豊かでした。でも、被曝による病気をかかえているのです。お医者さんたちはその治療法を研修するために広島に招かれました。



「ジュノーさんのように」③
原子力発電所の爆発事故から6年目のチェルノブイリの子どもたち

「ジュノーさんのように」③ 原子力発電所の爆発事故から6年目のチェルノブイリの子どもたち「ジュノーの会」編

2011.7.25刊
四六判並製208頁 定価1500円+税
ISBN978-4-88059-364-7 C0395

福島第一原子力発電所の爆発事故で、不幸にもヒロシマ─チェルノブイリ─フクシマという負の環ができた。私たちはこの負の環を正の環に変えるために何をしたらよいのだろうか。この巻では、6年後の子どもたちと政府の姿が見られる。



「ジュノーさんのように」④
チェルノブイリへの医療援助始まる甲状腺・白血病の現地診療具体化する

「ジュノーさんのように」④ チェルノブイリへの医療援助始まる甲状腺・白血病の現地診療具体化する「ジュノーの会」編

2011.11.25刊
四六判並製208頁 定価1500円+税
ISBN978-4-88059-365-4 C0395

3.11を契機に、改めて考えてみませんか。原子力の平和利用は核兵器の製造と表裏なのです。東京電力が被害補償に消極的なのには理由があるのです。私たちは今こそ、100年後の日本列島を想像して、加害者であることを続けるか否かを考えませんか。



「ジュノーさんのように」⑤
「顔と心の見える援助」をめざして子ども・市民・医師同士の交流深まる

「ジュノーさんのように」⑤ 「顔と心の見える援助」をめざして子ども・市民・医師同士の交流深まる「ジュノーの会」編

2012.3.25刊
四六判並製208頁 定価1500円+税
ISBN978-4-88059-371-5 C0395

チェルノブイリ原子力発電所爆発事故による放射能被曝者たちへの支援活動は4年目に入った。支援する者と支援を受ける者との顔がお互いに見えるようになった。そして、未知の被曝者からの突然の支援依頼もくるようになった。



「ジュノーさんのように」⑥
チェルノブイリ原発事故の被曝国の市民・医師との交流進展する

「ジュノーさんのように」⑥ チェルノブイリ原発事故の被曝国の市民・医師との交流進展する「ジュノーの会」編

2012.7.25刊
四六判並製208頁 定価1500円+税
ISBN978-4-88059-374-6 C0395

日本の行政者の回復力にはただ感じ入る。福島原発の爆発事故より1年余り、世にはまだ避難者があまた居るというのに、もう原発の事故はないと言明し、大飯原発が稼働する。私たちは自分の立地点をどこに置くのか、改めて考えなければならない。



「ジュノーさんのように」⑦
1986年4月26日、チェルノブイリ原発の町プリピャチで起こったこと

「ジュノーさんのように」⑦ 1986年4月26日、チェルノブイリ原発の町プリピャチで起こったこと「ジュノーの会」編

2012.11.25刊
四六判並製208頁 定価1500円+税
ISBN978-4-88059-376-0 C0395

福島原発の爆発事故から1年余、被害は収束するどころか、沈潜化を深めると同時に拡散化しています。子どもにも大人にもチェルノブイリと同様の症状が表れています。家族が別々に住まなければならないことも起こっています。



〔社会〕 A・ギデンズ山代巴