〔戯曲(日本)〕 斎藤憐永井愛岩松了古城十忍岸田理生・坂手洋二
野田秀樹・北村想・東由多加

竹内銃一郎戯曲集1 少年巨人/檸檬/SF・大畳談/悲惨な戦争

竹内銃一郎戯曲集1 少年巨人/檸檬/SF・大畳談/悲惨な戦争竹内銃一郎

1996.9.25刊
四六判上製304頁口絵4頁 定価1800円+税
ISBN978-4-88059-221-3 C0374

サディスティック・フィクションの意匠をまといつつも、存在の〈根〉を問う劇であり、見えざる〈権力〉に触手をのばそうとする意志の劇構造の模索である。若き頃の竹内のみずみずしい表情が見える。



竹内銃一郎戯曲集2 あの大鴉、さえも/劇薬/食卓秘法・溶ける魚

竹内銃一郎戯曲集2 あの大鴉、さえも/劇薬/食卓秘法・溶ける魚竹内銃一郎

1997.1.25刊
四六判上製224頁 定価1800円+税
ISBN978-4-88059-222-0 C0374

デュシャンの「大ガラス」、ポーの詩集「大がらす」の二つをテコに、不条理な世界のなかへあえて踏み込む3人の男の心情を描く代表作(岸田戯曲賞受賞作)。佳作「劇薬」と、管理化社会構図を痛烈に突いた「溶ける魚」を収める。



竹内銃一郎戯曲集3 戸惑いの午后の惨事/今は昔、栄養映画館/恋愛日記

竹内銃一郎戯曲集3 戸惑いの午后の惨事/今は昔、栄養映画館/恋愛日記竹内銃一郎

1996.10.25刊
四六判上製256頁 定価1800円+税
ISBN978-4-88059-223-7 C0374

都会の空き地に繰り広げられる午後の3時の〈惨事〉。2人の女を手玉にとったはずの男が、幼児期のママゴト遊びのなかにとり込まれてしまう竹内流ブラック・ライフ。イヨネスコの「椅子」に題材をとった絶品、「今は昔」。



竹内銃一郎戯曲集4 東京物語/酔・待・草/恋愛日記86春

竹内銃一郎戯曲集4 東京物語/酔・待・草/恋愛日記86春竹内銃一郎

1996.11.25刊
四六判上製230頁 定価1800円+税
ISBN978-4-88059-224-4 C0374

竹内の戯曲は、世界変革への変わらぬ意志である。見かけと実体に引き裂かれた分身の個を再び一体化し、真の自己同一化をかちとろうとすることへの渇望と郷愁である。かくて竹内のドラマは悪無限に循環する。



ひまわり

ひまわり竹内銃一郎

1991.3.25刊
四六判上製256頁 定価1500円+税
ISBN978-4-88059-148-3 C0074

親・兄弟・夫婦、そして男と女。歴然とした関係の存在が、ものの見事に解体され、虚構の存在をさらけだす竹内銃一郎のたくらみに満ちた野心的戯曲集。「伝染」「ひまわり」「あたま山心中」の3本を収める。



説教強盗 金杉忠男戯曲集

説教強盗 金杉忠男戯曲集金杉忠男

1981.7.25刊
四六判上製288頁口絵1頁 定価1800円+税
ISBN978-4-88059-045-5 C0074

大崎・中村座を拠点に、独自の劇空間を築いてきた、中村座の基盤をなした金杉忠男の第1作品集。時代状況への鋭い反問に満ちた旋律がここにある。「一本刀土俵入り」「説教強盗」「四ツ木橋自転車隊」を収録。



竹取物語 金杉忠男第2戯曲集

竹取物語 金杉忠男第2戯曲集金杉忠男

1983.8.25刊
四六判上製208頁口絵1頁 定価1500円+税
ISBN978-4-88059-067-7 C0074

中村座座付作者、演出家である金杉忠男の代表作。見失われた地霊との交感のうちに祝祭的演劇空間をつくりだす卓抜な作劇術を示す「亀戸十三間通り」「竹取物語」の2本を収めた。



花の寺 金杉忠男第3戯曲集

花の寺 金杉忠男第3戯曲集金杉忠男

1986.1.25刊
四六判上製224頁口絵1頁 定価1800円+税
ISBN978-4-88059-089-9 C0074

役者の身体、演技に一貫してこだわりつづける金杉忠男の最近作「花の寺」、「花の寺Ⅱ」を収める。老婆たちの集う花の寺が、一閃、現代の根を照らし出す秀作。



二十世紀 病める人の館

二十世紀 病める人の館石澤富子

2000.9.25刊
四六判上製168頁 定価2000円+税
ISBN978-4-88059-320-3 C0074

岸田國士戯曲賞の「琵琶伝」以来、ことばの琴線にふれる劇作品を紡ぎつづけた著者の第2戯曲集。「アンデルセンの椅子」「わたしはジン」「鳩」を収録。



琵琶伝 石澤富子戯曲集

琵琶伝 石澤富子戯曲集石澤富子

1979.6.25刊
四六判上製232頁 定価1500円+税
ISBN978-4-88059-028-8 C0074

第20回「新劇」岸田戯曲賞を受賞した表題作のほか、初期作品「木蓮沼」をはじめ「やよいの空は」「浅茅が宿」の全作品を収録。繊細な感情の表出による内面表白の展開は、読む戯曲としても十分に想像力を刺戟してくれる。



天狗外伝斬られの仙太

天狗外伝斬られの仙太三好十郎

1988.2.10刊
四六判上製232頁 定価1300円+税
ISBN978-4-88059-115-5 C0074

昭和7年に書かれ8年に発売されたこの作品から、ナップやプロットへの弾圧と、佐野・鍋島の獄中転向声明など、運動が急速に退潮していく時代に、大衆にもう一度自分たちの手で……と訴える作者の祈りが聞こえてくる。



炎の人─ゴッホ小伝─

炎の人─ゴッホ小伝─三好十郎

1989.10.31刊
四六判上製176頁 定価1300円+税
ISBN978-4-88059-135-3 C0074

身を焦がすように「絵」に取り組み、半ばにして倒れた画家・ゴッホの生涯を、美の求道者として捉えた三好十郎が渾身の力を振り絞って描いた傑作戯曲。他に、エッセイ「ゴッホについて」「絵画について」を収録。



鳥獣戯画版・好色五人女

鳥獣戯画版・好色五人女知念正文

1991.11.25刊
四六判上製168頁 定価1000円+税
ISBN978-4-88059-161-2 C0074

井原西鶴の「好色五人女」を大胆に翻案し、生き生きとした現代ミュージカルとして蘇らせた知念正文の代表作。鳥獣戯画ファン待望の処女戯曲集だ。



原ノ城 芦川照葉戯曲集

原ノ城 芦川照葉戯曲集芦川照葉

1987.12.25刊
四六判上製168頁 定価1500円+税
ISBN978-4-88059-113-1 C0074

沈滞する歌舞伎界に生新な息吹を吹き込む"新鋭・女流"の第1作品集。天草四郎時貞を主人公に解放を求める民衆の"共同幻想"をあでやかに描く力作。他に霊異譚「北州霊異」(国立劇場新作歌舞伎脚本入選)を収める。



如月小春のフィールドノート

如月小春のフィールドノート如月小春

1984.7.25刊
四六判上製164頁 定価1200円+税
ISBN978-4-88059-078-3 C0074

正真正銘の第1エッセイ集。小春の演劇についての全発言集だ。演劇へのかかわりから現在までがこの一冊で分かる。演劇大好きの諸君必携のテキストブック。



宿魂劇・1980 青年座上演作品集

宿魂劇・1980 青年座上演作品集

1980.9.25刊
四六判上製312頁 定価1800円+税
ISBN978-4-88059-036-3 C0074

80年代に向けて、青年座が総力で上演した作品集。清水邦夫「青春の砂のなんと早く」、別役実「木に花咲く」、石澤富子「鏡よ鏡」、高桑徳三郎「ドラム一発!マッドマウス」、宮本研「ほととぎす・ほととぎす」を収録。80年芸術大賞受賞。



さよならマックス 山元清多戯曲集

さよならマックス 山元清多戯曲集山元清多

1980.12.25刊
四六判上製324頁 定価1800円+税
ISBN978-4-88059-038-7 C0074

第27回岸田戯曲賞受賞。60〜70年代の実質をにないつつも、これまで未刊であった山元清多の第1戯曲集である。「海賊」「さよならマックス」「与太浜パラダイス」の3篇を収録。



戯曲・魯迅伝五部作

戯曲・魯迅伝五部作霜川遠志

1977.6.30刊
四六判上製392頁 定価1800円+税
ISBN978-4-88059-020-2 C0074

竹内好に私淑し、長年にわたって、魯迅作品の舞台化を実践してきた著者の、奔放かつ深淵な魯迅像の抽出。第一部・藤野先生、第二部・影の青春、第三部・阿Q忘れ得べき、第四部・花なき薔薇、第五部・私は人をだましたい。



〔戯曲(日本)〕 斎藤憐永井愛岩松了古城十忍岸田理生・坂手洋二
野田秀樹・北村想・東由多加