■イベント■

トークショウ「八月に想う」

小木戸 利光(俳優)× 稲葉 俊郎(東大病院 医師)

日時:8月13日(日)16:30 open / 17:00 start

会場:光明寺 本堂 (東京都港区虎ノ門3-25-1)
    東京メトロ日比谷線神谷町駅3番出口より徒歩30秒

入場料:二千円 予約フォーム



小木戸利光さんからのメッセージ

この度、エッセイ集「表現と息をしている」(而立書房)を上梓しました。音楽、映画、ドラマ、ドキュメンタリー、舞台芸術など、自分の仕事における出来事を通して、目の前の世界についてひたひたと思いを巡らせている本です。帯には、「9.11、3.11を経た若者たちが模索する、新たな表現の形」と謳われています。

期せずして、本の刊行と同時期に、主演をつとめるNHKのドキュメンタリードラマ「あんとき、」が放映されることになりました。
長崎の原爆投下をテーマにした番組で、僕は、満州生まれの母と、長崎で被爆した父を持つ主人公・トシを演じています。

いつからか、自分の仕事のなかには、「歴史のなかの声なき声を、作品や番組や表現を通して、浮かび上がらせる」というテーマが存在しています。その意味で、今回の自著と番組には、「命」「歴史」「戦争」「記憶」「祈り」など通底するものがあり、僕にとってそれらは、まるで二部作と思われるほどです。

つきましては、両作の、出版と放送を記念して、終戦の月でもある八月に、心のうちにはしずかに鎮魂の思いを含みながら、トークショウを開催します。
ゲストに、東京大学医学部付属病院の医師で、「医療と芸術」「多様性と調和」をモットーとし、芸術分野においてもアーティスト達と協同されている稲葉俊郎さんをお迎えします。
終盤には、音楽とともに、舞踊的なパフォーマンスもさせていただく予定です。

皆さまとともに、過去・現在・未来に思いを馳せながら、目の前の世界について考え、語り合う、しずかで、ゆたかな、時間を過ごすことができましたら、幸いです。

小木戸 利光

toshi